Author: addminz | Date: 2015年6月10日 | Please Comment!

東京で会社設立するならば、場所はどの辺がいいですか?

もし働くとしたら、やはり1度は丸の内のオフィス街で働いてみたいですね。

丸の内で働くOLさんは女子にとっては憧れのまとで、ファッション誌などでも「丸の内OL風」

なんて記事にもなってOLの中でもおしゃれな位置に属しています。

実際は給料が飛び抜けていいわけでもないけれども、交際費や洋服代でかなりの出費があるらしく、大変だそうです。

社内食堂が無い会社が多くランチなどを食べに行くにも並ばないといけないので、休憩もゆっくり取れず憧れていたけれどこの現状に3年位で嫌になってしまうようです。

東京で会社設立するなら、このように憧れの町なかにするか、少し都心から離れたエリアにするかは、やはり仕事の内容で決めるのが一番いいのでしょう。

都心に会社設立した時のメリットとしては、やはり交通の便です。

車などを利用することが多いのでしたら、都心は不便かもしれませんが、電車などを利用するなら、やはりいろんな路線が交わる都会が便利でしょう。

東京のような都心で働くのは無理だと言う才能のある人材が、田舎で会社設立する。

なんてことが今は可能な時代になってきました。

IT化が進み、電波が届く場所ならなんでも遠隔操作できるので、こんな夢の話も現実になって来たのです。

2010年に東京のIT関連の会社が徳島にセカンドオフィスを開設して話題になりました。

会議や朝礼などはインターネット電話サービスを使って、東京オフィスで働く人の顔を見ながら行っているようで、遠くにいながらも同じオフィスで働いているくらいのやりとりが可能だそうです。

古民家を改装したオフィスなので、残業で帰りが遅くなっても寝ることができるし、お風呂にも入れるそうです。

通勤で疲れることなく、仕事に打ち込めるのも良いそうです。

このように東京で会社設立しているところが田舎でオフィスを増やしていくと、今問題になっている過疎化の歯止めにもなるのではないでしょうか?

今、田舎の古民家を賃貸してオフィスにするという取組が増えています。

詳しくはこちらです。

東京で会社設立をしようと思っている方におすすめのサイト